INFORMATION

TOPICS

WILDERNESS EXPERIENCE×Kanoco COLLABORATION DAYPACK発売記念Kanocoスペシャルインタビュー
DATE : JANUARY.22.2016

WILDERNESS EXPERIENCE×Kanoco COLLABORATION DAYPACK発売記念Kanocoスペシャルインタビュー

快適なリュックをコンセプトにつくりあげたコラボデイパック ‘‘TODAY’’

WILDERNESSEXPERIENCEと人気モデルkanocoがコラボしたオリジナルデイパック発売にあたり、デザインを手がけたKanocoさん御本人にコラボデイパックのこだわりや魅力、おすすめのコーディネートについて、インタビューさせていただきました。バッグの中身まで見せて頂いております!

ーーーwilderness experienceとバッグコラボをしようと思ったのは?
kanocoさん(以下k) 「普段からよくバックパックを持っていたんですが、使っている時にここがこうだったらなと思う事がたくさんあったりしました。全部自分好みの本当に使いやすい物が作れたら良いなと思ってて。メンズライクな物が好きな私にとって、ウィルダネスエクスペリエンスとのコラボレーションはとても自分らしくて気に入ったものが作れると思い、作っていったっていう感じです。」

ーーーどういう風に作っていったんですか?
 「使ってて快適かどうかが1番のこだわりポイントで。今まで使ってきたリュックのストレスをこれで解消っていう気持ちで作りました。
まず思ったのは「ポケットの量を多く、疲れにくい、シンプル」ですね。ジッパーが開けやすい、物が取り出しやすいという基本的なことから形状を決めていって。とにかくポケットを多くしたかったです。私の好きでつくっていったのでポケットをどこにどうつけるかという所もこだわってます。見た目はシンプルでちょうどよいメンズ感を出したくて、たっぷり入るサイズにして素材感やシルエットの調整をしていきました。」

ーーーポケットにこだわったとおっしゃいましたけど、具体的にはどうですか?

ーーーポケットにこだわったとおっしゃいましたけど、具体的にはどうですか?
 「まず外側にすぐに物を取り出せるポケットが3つあって、これがいいんですよ。私、腕の関節が結構やわらかくて、リュックを背負ったままサイドポケットから物をとれるようにしたくて。なので小物がちゃんと入る深さで、タックを入れて厚みも持たせて、落ちないように入口をゴムにしてボタンも付けました。私はそこにカメラを入れて、あ、撮りたい!と思った時にさっと出せるのが一番うれしいです。」

もうひとつは?

ーーーもうひとつは?
 「クイックポケットっていうんですかね?私ここ一番使うと思います。マジックテープで開けるから急いでるときにいったんここに入れて、みたいな使い方ができて便利です。仮置きスポットというか。タクシー早く降りなきゃみたいなときにレシートとかポイポイって入れたり。」

メッシュのポケット

 「あと、このメッシュのところのポケットは実はここに物をいれても中身が見えないのが大きなポイント。メッシュの多さで程よいメンズ感とこなれ感を出して、洋服にも合えばいいなと思いました。」

ほかにここポイントというところはありますか?

ーーーほかにここポイントというところはありますか?
 「背負い心地ですね。S字型のショルダーで背負いやすくして、少しでも疲れにくいように、体にあたる部分をメッシュパッドにしてもらいました。あと、荷物の重心がより背中側に来るようにするとより背負いやすいと聞いたので、ショルダーのトップの所にその調節ができる機能を付けてもらいました。試作で作ってみるとテープがブラブラして嫌だったので、そうならないように改善してもらいました。」

他にも

 「あと背面の腰にあたる部分で服とメッシュのこすれが軽減できるように生地を当ててもらってます。」

結構細かいところまでアレンジされましたね。

ーーー結構細かいところまでアレンジされましたね。
 「普段使ってるバッグに不自由があり、使い勝手がなかなか自分好みのものが無かったので、そういうものを作りたいなという一心で。
細かいこだわりでいうと隠しステッチみたいなワンポイントも入れてます。普通に見えて、よく見るとアクセントがあるのが好きなんです。」

こまかいアレンジ

ーーー中のポケットも多いですけど(※インナーポケット11ヶ所)、収納にこだわりとかありますか?
 「もともと私カバンの中をポーチに入れて小分けにしたいんですよ。そのポーチをいろんなところに収納してパッキングするのが好きなんです。あと出張やお泊りの時、荷物を入れるときにリュックが型崩れしないように詰めるようにしてますね。それで開けた時にきれいに揃ってるのが好き。
そしてそんなことしなくてもこのバッグなら収納できちゃうっていう話です。家みたいな、部屋の中の整理整頓という感じですね。でもそういう小分けにしてみたいなのが苦手な人もポケット多いからこれに分けて収納できちゃう。」

ーーーなるほど、パッキングのこだわりがあって、それがどのポケットをどこにつけるかっていう所にも影響してるんですね。ではKanocoさんの私物をどう収納するか教えてもらってもいいですか?
 「とりあえず重い物入れるときは背中側に入れます。ブック(※モデル用資料)とかパソコンをこのPCスリーブに入れて。PCケースのところにオーガナイザーがあるのでパッととれるような充電器、ケーブルとかカメラのフィルムを入れますかね。メッシュのダブルポケットがあって、そこにお菓子やタオルとかいれます。」

ーーーでは最後に、このバッグにお勧めのコーディネートとかあったりしますか?
 「ブラックにはワンピースですね(※ブラック、ネイビーの2色展開)。こちらの方がメンズライクなのであえて古着の可愛いワンピースやスカートを合わせると甘すぎず辛すぎずちょうど良いと思います。何でも合わせやすいのはネイビーかな。私はネイビーには、デニムパンツを履いて統一感を出したいですね。全身ネイビーでも可愛いと思います。」

今回特別にKanocoさんのバッグの中身を御紹介いただきました!

今回特別にKanocoさんのバッグの中身を御紹介いただきました!

Kanocoさんが普段持ち歩いているものを拝見させて頂きました。大好きだというシロクマがいっぱいいるのでそちらもチェック!

Kanocoさんが普段持ち歩いているもの

  • 1.オーディション時に必要なモデルの必需品「BOOK」
  • 2.たくさん入るMHLのポーチ
  • 3.プレゼントでいただいたマルジェラの財布
  • 4.あると安心 iPhoneの充電器
  • 5.小腹が空いたらうまい棒
  • 6.スタイリストさんにいただいた白熊のポーチ
  • 7.シロクMac
  • 8.ほぼ日手帳歴4年目に突入
  • 9.小腹が空いたらきなこ棒
  • 10.NARSの口紅
  • 11.手放せないモアリップ
  • 12.雑誌の付録 白熊のポーチ
  • 13.白いボールペン インクは黒
  • 14.オレンジのボールペン インクは黒
  • 15.500mlの水 1日4本飲みます
  • 16.36枚撮りのフィルム
  • 17.中古で買ったRICOHのフィルムカメラ
  • 18.PINCEAUの巾着 同じものを10枚は持っている